スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直なインターン(ドイツ人

2008.01.09 *Wed
これはすごくいけるだろうと思ったアイデアを、ドイツ人学生のインターンに話したら、"Is that revolutionary?" と一蹴された。すごく凹んだ。
今日も、まあいいだろうと思ったアイデアを、"That's useless"と言われた。自信なくなってきた。
スポンサーサイト
COMMENT : 1
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

COMMENT

正直と真実を観えているかということとは違うぞ
たしかにあなたのお仕事にはいろんなディスカッションを通じてコンセンサスを確立してからじゃないとものがうごけないのもあるだろうし、僕の仕事も批判には耳を傾けなければいけないけど、その中の多くが頭を垂れたくなるレヴェルのものではなく、とっても表層的な批判が多かったりするので、そんな客の要求を最優先にしてものを作ってやるとはつゆほども思ってない。
最近自分の書いたものがあまりに分類不能なものだから、宣伝しにくいといわれるし、ボーダレスとかいうと、これはこれでなんか最先端を行っているぞ、みたいに聞こえて嫌だ。
ボーダレスというジャンルのつもりでやっているわけではもともとないし、分類からサイエンスは始まるのかもしれないけど、俺は批評家じゃないからね。

でも利潤を生まなくてはいけないシステムの中にある世界は違うのだろうからご苦労察します。
僕だって霞を食って生きられないのだけど、僕は作れるけど売ることはできないから最近気の毒に思う友人が立ち上がってくれたのだけど、今後どうなるのか皆目わからんがそうなると、「自分のもの」だったものは「自分のものじゃない」ことにもなることと引き替えに「みんなのもの」になるとまた違って見えたりもする。

独りよがりと独創的というのは紙一重でもあ。

誰でも出来そうでできないことの難しさ、そしてどうかんがえても普通の人ができそうにないことを鮮やかにやってみせること、この両方が、無責任に受け取れるだけの客席の人たちのその瞬間の享楽に消費されることを分かって、表面的なことに一喜一憂していては、ものはまともな気分ではつくれないと思います。

その生意気なドイツ人の若造を君の独創的な実力で打ちのめしてやりなさい。
応援しています。
2008/01/10(木) 10:18:26 | URL | 白石准 #.m9iLgNo [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。