スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立体音響続き

2007.12.30 *Sun
OpenALのサンプル試してみたけど、あんまり空間っぽさを感じないなあ。どうやらEAXというAPIがゲーム界ではよく使われているらしく、いいサウンドカードを使えば5.1chでの出力も可能だとか。スピーカーちゃんと買えば、EAXでもOpenALでもちゃんと立体に聞こえると期待したい。声がある方向から聞こえる、というだけで空間を感じるかどうかはやってみないと不明だと思うが。

しかし、EAXはVistaでは基本的に使えず、ALchemyというエミュレータを使って、EAXのコードをOpenALに変換して再生する必要があるとの事。そのサポートも中途半端だそうな。ということで、世の中いやおうなしにOpenALに移行するらしい。えー。

で、OpenALだけど、最初にも書いたとおりスピーカー二個では全然立体的に聞こえまへん。二個で一番仰天したのはholophonicですな。これは技術として全然公開してないらしいし、そもそも録音技術と一体みたいなので、シンセシスするのにはつかえないと思うけど、スピーカー二個でこれだけできるポテンシャルがあるのなら、なんとかならないもんだろうか。ならないんだろうな。

資料
オーディオ機器の選び方
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。