スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらSecondLife

2007.10.02 *Tue
最近Second Life(SL)な人に時々会うので、今さらながら試してみた。
操作体系も画面もそんなに目新しくないと思うけど、ちゃんと人がいるというのが、以前使ったことのあるこのテのシステムと違う。アバターのカスタマイズもけっこう細かくできる。普通だとどうがんばってもアメリカンな顔になってしまうのが不満だが。欧米か!

がんばれば(金を出せば?)アジア顔にもできるらしい()。所詮はテクスチャですからね。こだわる人は徹底的

それと、仮想世界の中に、実世界の広告が入っているのもおもしろい。普通に広告なだけなんだけど、見入ってしまった。SL内で普通に金稼ぎもできるくらいなんだから当たり前だが。

あと、最近実世界では私は家族と、ほんの少数の仕事の知りあい以外誰ともほとんどつきあいがないような状態だが、昨日SLで二人友達登録されてしまった。嬉しいような面倒くさいような(笑
ちなみに私の知り会いの人も、実世界とSL内では全然違うキャラとか服装になると言っていた。これも秘めた願望が仮想世界だと現れるのかねえ。

SLで仕事をしている人の話を聞いて面白かったのは、アバターの操作に慣れてくると、本当に自分の分身のように感じられるとのこと。普通にCGで画面に表示されるのと、自分のアバターが見えて表示されるのとでは感覚がだいぶ違うそうだ。アバターがいると自分と仮想世界が近付いて、リアル感も増すらしい。正直SLのCGなんて家庭用ゲームに比べたら貧弱としか言えないし、レスポンスも悪いけど、違ったリアリティがあるようだ。例えばSL内で300mの上空から下に向かって落ちると、自分が飛びおりているような感覚がある、と言っていた。

しかしまだバーチャルなデータに本当の金を費すのは気がひけるなあ。古い人間だ。


かなりしょこたんを意識したスキンの広告(笑:
Giza


ちなみに、痛いかもしれない私のアバター。ネカマかよ!(笑

avater

スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。