スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューロマンサー

2010.02.16 *Tue
を読んでいないと暦本さんに人間扱いしてもらえないという噂を聞いて、遅ればせながら読みはじめている。攻殻機動隊やMatrixがこの作品からインスパイアされて作られたとのこと。確かにほとんど同じような描写がたくさんある。特に攻殻機動隊はこの作品の影響がものすごく強い。オリジナリティはもちろんあるけど、ここまで似ているとも思わなかった。

しょっぱなの舞台が千葉だというのも特筆すべしだ。千葉住民の俺としては見逃せない。
しかし、これは書かれた時代を反映しているような気もする。今なら上海とかシンガポールとかそこらへんが舞台になりそうだ。そう考えるとちょっと寂しい。

で、いろいろと示唆に富む情報が込められているのだが、いかんせん想像もつかない未来のこと。一行一行丹念に書かれすぎているというか、凝りすぎているとか、個人的には短時間で読みおえるつもりだったのが、なかなか時間がかかって苦戦中。途中で挫折するかも。特にジャックインしたあとの描写は、絵つきの攻殻ですら俺にはよく理解できなかったくらいだから、これを文字だけから読みとれというのはきついものがある。

しかしまだ冷戦やってた頃にこれが書かれてたなんてすごいなー。
幾多の賞を受賞しているのも納得。
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

COMMENT

最初の章がチバ・シティ・ブルースだったっけ。
なぜか千葉が凄い荒んだ街になっていた。
カウント・ゼロ、モナリザ・オーバードライブと一緒に本棚の手の届くところにおいてあったな-。
どっかにしまいこんじゃったけど、探し出して読もうかな。
ちょっと手垢が付いてボロボロなはずだけど。
2010/02/17(水) 12:05:17 | URL | Z.O.E. #- [Edit
>なぜか千葉が凄い荒んだ街になっていた。

そうそう。本では工場と海の狭間の部分が歌舞伎町みたいな状態になってたけど、実際には工場は海に面してます。なぜなら、工場に物資を運ぶのに必要だからでしょう。

ちなみにうちは工場と内陸の狭間にあり、舞台となっている部分からはかなり近いと思われます。川鉄が栄えてたころは城下町としてうちの近辺も栄えたけど、その後没落し、最近また東京のベッドタウンの東端として活気を取り戻しつつあるような感じです。

ただあれだね、治安はいまいちというか、ガラが悪い街ではある。あと20年もすればきっとニューロマンサー的な場所になる(?)
2010/02/18(木) 08:33:05 | URL | owd #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。