スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

α-Music

2009.11.10 *Tue
先週土曜は市川のとある素敵なホールで第三回α-Musicの会であった。今回は15団体もの参加者に恵まれ、大盛況であった。

お菓子等の持ち寄りを募ったところ、これが予想をはるかに超えてたくさんの方が協力してくれて、休憩時間の盛り上がりようったらなかった。さながらお菓子パーティーのようであった。中には「メンバー用」と「お客さん用」の2セット持ち寄ってくれた人までいた(というか、という団体がいた)。

今度はぜひワインを持ち込もう。それでお客さんを前後不覚にして、間違っても気づかれないようにするのだ。

楽器もピアノからクラリネットからサックスから歌からバイオリンからハープからとすごいバラエティで、曲も福山雅治から枯葉からドビュッシーから映画音楽まで幅広く、最後にはゴスペルで大いに盛り上がって、会場全体が満足の色に染まってみな帰途についたのであった(ほとんどは打ち上げになだれ込んだが)。

A-Musicの時代から、私が運営を全部やる代わりに私の気まぐれを許してもらうということでずっとやってきたのだが、それはどう考えても私のキャラ的に無理がある(常識・甲斐性ともに皆無)ということに最近ようやく気づき、今回からは運営グループを結成し、全面的に運営を助けてもらうことをお願いしてみたところ、これが非常にいいメンバーに恵まれ、私の間抜けっぷりを見事にみんながフォローしてくれ、また自発的に動いてくださる方も多数で、運営コストが激減したため、これまでと違い当日演奏に投入する精神力が残ったのであった。

じゃあさぞかし立派な演奏だったと思われるかもしれないが、これがまた背伸びして難曲に挑戦してしまったため、立派に崩壊したのであった。防音室が完成した後、これまでの勢いだけで頭の悪い練習方法を根本的に改め、大人の効率的な練習に切り替えた結果できるようになったつもりのところも、本番で昔と同じように興奮しすぎ、走りすぎるやら指が回らないやらで結局前と変わらない恥ずかしい演奏になったのであった。合掌。

まあこれから歳をとっていくにつれパワーも下がってくるわけで、そうなったら本番でもきっと落ち着いて、卒なく演奏できる日が来るに違いない...楽しみだ(苦笑
少なくとも練習方法を変える余地はまだたくさんあり、またうちで練習できる環境も数年ぶりにやっと整ったので、次回はもうちょっとましにやりますよ。ええ。

で、その次回というのは、半年後の5月の、恐らくは土曜くらいにするつもり。次回はディナーコンサートの予定で、候補に挙がっているのは以下の2箇所である。

サロン・ド・パッサージュ
笹塚に移転したBlue-T



さて、αの打ち上げで、サックスのadさんと話していたところ、「アヴェマリアの会」というコンサートの企画が持ち上がった。「アヴェマリア」というタイトルの曲しか弾いてはいけないという会。作曲家は誰でも可。これはいける企画だと思うが、すぐにやるとすると残念ながら私は参加できない。12月にやるとすると時間がなさすぎ、1月以降になると第二子誕生につきバイオリンどころでなくなる。仕事も2月3月にイベントが入るため、まあしばらくは無理。次回αくらいになれば多少落ち着く気はするが、そこで弾きたいアヴェマリアは今のところないので。でもぜひいつかやりたいもんである。



最後に全然関係ないけど、久々にSonnenbergの演奏をYouTubeで見たのではっときます。この番組アメリカにいたときに観たな。みんなうまいけどSonnenberg(左端)だけダントツに音色がよいですな。ま、残る二人はクラシックのバイオリニストじゃないので、ポイントはそこじゃないのに違いない。

スポンサーサイト
COMMENT : 4
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

COMMENT

お世話になりました!
この度はどうもありがとうございました。
なにせ、ピアノにさわるのが3ヶ月ぶりだったので、
ノリだけで参加してしまったような、、、気もしてならないのですが、ちゃっかり楽しんじゃいました!!!

演奏よりも(おいっ!)、衣装v-254v-254を考える楽しみからすでにワクワクは始まっていました。
次回以降もどんどんこの会が続いていきますよう、応援したいと思いますし、都合がつきそうなときにはまたぜひ参加させていただきたいです。
そして私も出来るところからお手伝いさせていただけたら、とっても嬉しいです。
みなさま、運営の面でもオトナな行動力でスムーズでしたね!すばらしかったですよね!!!
2009/11/11(水) 00:31:56 | URL | ちょび #- [Edit
ありがとうございます
αはノリだけで参加可能な会ですので、もちろん大歓迎でした。6手連弾はまるで一人のように息ぴったりでしたね。衣装もばっちりで、腕にバラというのも粋な演出でしたね!
知ってるかもしれませんがOL千葉さんも大感激だったみたいです。

http://yvn.blog25.fc2.com/blog-entry-1778.html

ええ運営...私にはその能力はないのでぜひお手伝いいただきたいです。今は運営「委員会」と言っていますが、「委員」だけに仕事が集中するのはやっぱりあんまり好ましくなく、なんとなく自発的に手伝ってくれる人に手伝ってもらえる会をめざしています。なんとなく思いついたことなど教えて頂ければ嬉しいです。

次回もよろしくです!私はあいかわらず背伸びな曲でもちっとテクニックを磨きたい予定です。
2009/11/11(水) 08:13:28 | URL | owd #- [Edit
楽しかったです♪
大和田さん2世の成長を見られるのも楽しみの一つになりました。
ディナー一品持ち寄りもいいかもしれませんね。
普段のお料理より作る方も盛り上がるし!
来年のことはまだわからないですが、α参加できる時は必ず行きたいです!
すご~く楽しかったです。
これからもよろしく♪♪♪

2009/11/11(水) 17:52:27 | URL | ララッチ #XSgDzaSw [Edit
どうもありがとうございます
ディナー持ちよりもそれはそれでかなり盛りあがりそうですね。その場合は食べ物メインの会にした方がいいかも?

ぜひまたご参加ください!
2009/11/12(木) 08:21:05 | URL | owd #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。