スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトセイバーみたいなバイオリンの弓

2009.08.17 *Mon





ところで先日六本木で大変才能のある若手作曲家のライブがあったので行ってきた。クラシックの大きな賞をいろいろとっている作曲家だが、ライブはクラシックとは無縁で、そのふざけっぷりはすばらしく、私はステージに出てって奇怪な踊りに加わりたかったぐらいだが、客が面食らっててとてもそういう空気ではなかった。ステージは大盛り上がりなのに、とにかく客と演奏者との一体感といったものがまるでなかった。客はおとなしいクラシックしか聴かない人だったのかも。ふざけているということが飲み込めなかったのでは。一応耳に優しい感じのポップス曲も半分くらいはあって客への歩みよりも感じたが、根本的にああいうぶっとびライブの場合、客も選ぶような気がした。私はまわりが覚めすぎててどうしてもくつろげず、なんとかリラックスしようとウイスキーロック二杯にテキーラショットを服用するもほとんど酔っ払わずむなしく帰途に。

しかし新人作曲家たるもの、人の評価を気にするようではきっと根本的に新しいものは作れないのでこのまま突っ走っていってほしい。今の状態でもきっと海外のしかるべき空気の会場でやれば大うけに違いない。少なくとも日本でやるなら、ライブハウスで変なロックバンドに対バンをやらせて変てこな若者を集客し、そこでやるとかしないと素直に楽しんでもらえない気はした。あるいは、テクノファンだったら頭が柔らかいから受け入れられやすいかも。曲は楽しかったから、別に媚びたような曲をやらなくても好きにぶっ飛べばいいっすよと言いたかった。偉そうな事書いてすみません。

以上ビデオとは関係ない話でした。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。