スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/24 合奏団完全引退

2008.12.30 *Tue
Hanazono09.jpg

[クリックでpdfが開きます]



1/24(土)14:30から、千葉駅から徒歩8分の生涯学習センターホールにて、私が数年にわたってトレーナーをやってきた花園弦楽クラブ他のジョイントコンサートがあります。無料です。300席以上あって埋まらないので、ぜひお誘いあわせの上お越しください!

花園がやる曲目は

バッハ 管弦楽組曲 第二番より序曲
早川正昭 「バロック風日本の四季」より「春」
レスピーギ リュートのための古典舞曲とアリア、第三組曲

です。去年は芥川也寸志のトリプティークをやりました。年々進歩があって素晴らしい団体です。

バッハはご存知フルートコンチェルトのような曲です。団員の大島さんがコントラバスとの持ち換えで(!)吹きます。早川は、日本の童謡がビバルディ風にアレンジされているもので、非常に爽快な曲です(誇張なし)。無心で楽しめます。コンチェルト・グロッソ的にソロパートがあります。1st vnは私が弾きます。レスピーギはなかなかの大曲です。がんばります。

これに加えて、高校時代からの友人の西村繭果さんのピアノと一緒に、ブラームスのバイオリンソナタ 第一番の一楽章を弾きます。今度は練習します(謎
ちなみに、西村さんはバイオリンとの持ち換えです。


で、花園ですが、この1月の公演をもって私は引退します。マリオケやめて久しいし、かつらぎも余程の事がなければ出ないし、アンサンブル団体としてはこの花園が最後の砦だったのですが、これもやめることにより合奏団は全てやめることになります。

ま、私がこういうのをやろうがやめようがあまり他の人にとっては興味がないことと思いますが、自分的には高校時代からずっと(大学受験の時を除いて)ずっとオケや合奏団に属していたので、すなわち人生の半分以上続けてきたことをやめるというわけで、感慨深いものがあります。世間は100年に一度の経済状況だそうですが、それと無関係に私の人生も大きな転換期だというわけです。4月頃以降はバイオリン自体をほとんど触らずにいましたが、先日からほんのちょっとぼちぼち触る機会があり、特に白石氏には、音楽の素晴らしさと、今後の自分とバイオリンとの関係を再確認するよい機会をもらい、考え方が変わってきたので、今後は純粋に自分だけのために、たまに笑いながら弾くようになるかもしれません。

なにも上手に技術を磨きあげるばかりが音楽じゃあありません。そりゃあ磨きあげた方には敬服します。しかし、「弾く」という音楽の鑑賞方法もあり、そこに技術的困難を乗り超えるべき義務は発生しません。ただし、お客に聴かせる時にある程度の責任が発生することは同意します。
スポンサーサイト
COMMENT : 3
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

COMMENT

私も
白石師匠に、姐さん、そのソナタは禁じ手だ、と言われつつ、
モーツァルトの某ソナタに挑戦しようと(まだ、これから)しております。
のっけに、あれは超難しいと言われましたし、それは分かっております。

「弾くという音楽の鑑賞法」ということからしても、
譜読みの気力体力の衰えを計算しても、
せめて第1楽章だけでも、この曲の構造を自分で触ってみたいなら今だと、
思うのであります。

「みんなの音楽会」をずっとお休みしていたので、
来年は何とか復活したいと思います~。
2008/12/30(火) 09:08:40 | URL | うら姐 #tjPbYkg2 [Edit
「弾く」という音楽の鑑賞方法もあり
That's it!

弾いてみないと曲はわからないことが多いです。
僕は演奏、そして、自分が賢治の作品につけた作曲も、「読書感想文」みたいなものだと思っています。
見たり匂ったりするだけでなく、食ってみないとわからないことがあるのと同じですね。

うら姐さん、が、頑張ってください(爆)
2008/12/30(火) 10:20:42 | URL | 白石准 #pDuiZClE [Edit
No title
禁じ手のソナタ、って言い方がいいですね ^^;
そして言われてもやっちゃうところがすごいです。

>この曲の構造を自分で触ってみたいなら今だと、

ああ、感じ方は違うと思いますが、今やらなきゃあの曲は弾けないよなあ、という曲は私もあり、ちょっと焦りも感じます。もうちょっと仕事が落ちついたら...←と言っていると時間がどんどん過ぎていく

>弾いてみないと曲はわからないことが多いです。
おお!
そうですよねー。
花園でも、簡単な基礎練習だと思ってやってみたら意外に時間がかかったり、逆に思ったより完成度が高くなったりして面白いです。

読書感想文がまた新たな作品になるって、いいなあ。
2009/01/03(土) 01:34:05 | URL | owd #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。