スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレベーター止めちゃった

2008.11.10 *Mon
昨日家族で外に出かけようと思ってエレベーターに乗りこんだところ、子供がはしゃいでいたので自分もその真似をしてはしゃいでみた。そしたらガクンと衝撃があって、エレベーターが止まってしまった。うちは14Fなんだけど、14Fと13Fのあいだ。はしゃいだと言っても別に飛びはねたわけではなく、ちょっと体でリズムをとっただけだ(と自分では思っている)。だから、自分が原因ではないことは十分に考えられた。非常ボタンを押してエレベータ会社に連絡し、到着まで「50分いや40分で行きます」と言われ、10分おきに「大丈夫ですか?お子さんの気分が悪くないですか?」と気遣う連絡をもらいつつ、また別経路で事態を知ったらしい警備会社からも「どなたかいらっしゃいますか?」と連絡が入ったり、なかなか外部からすごい気遣いであった。うちらはといえば、別段緊急の用事があったわけでもなし、三人で記念撮影したり、ポッキーを食ったりしてピクニック気分だったのだが。

うちのマンションは戸数が多い割にエレベーターが一つしかなく、困ったマダム達の声が聞こえたりしたのだが、場所的にちょうど階の中間だったので、ギリギリ他の住民が見えない場所。もし見える場所だったらかなりこっぱずかしいところであった。

そうしていたところ、救助隊が到着。エレベーターを動かすの動かさないのといろいろ苦労していたが、結局エレベーターが動くことはなく、無理矢理70-80cmくらいのすき間から救出してもらった。外に出ても、どこかおかげん悪くないですかとか、平謝りに謝られたりして、いや、多分俺が揺らしたのが原因だから!とこちらも多少謝りつつ、階段で降りて外出に。

夜9時頃になり、エレベーター会社の人が、手土産を持って謝りに来た。40分~50分程度もかかるとは不徳のいたすところで大変申し訳ないとのこと。お詫びのしるしに...ということだったが、原因を聞いてみたところ、やはり俺がはしゃいだのが原因で、安全装置が作動したんだとか。それで手土産をもらうわけにはいかないので、今度はこっちが平謝りに謝って、そのままお帰り頂いた。

というわけで、すみませんでした>救出に来てくれた人 & 他の住民の方々
スポンサーサイト
COMMENT : 7
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

COMMENT

No title
ほのぼのしてていいですね~
2008/11/10(月) 16:18:16 | URL | kenshi #- [Edit
No title
> ちょっと体でリズムをとっただけだ(と自分では思っている)

体重・・・
2008/11/10(月) 16:34:04 | URL | ささき #SKlGAI62 [Edit
No title
なかなかできない体験ね
2008/11/11(火) 12:24:36 | URL | ibushi #- [Edit
私は
子供の頃池袋で赤羽線(今の埼京線)を、大人になってからは駒込で南北線を止めました。
誰も私に謝ってくれませんでした…。
2008/11/11(火) 22:41:02 | URL | ほんほん #/Cz.aUn6 [Edit
No title
ええ、私達はほのぼのしてましたが、休日に緊急召喚されたり、夜まで手土産を持って謝りに来させられた方々にはたまったもんじゃあございません。すみませんでした。

体重は最近70kgを切ったんですよ!プロフィールにも書いておきましたが!だから最近重くなった子供のせいかもしれないですよ。ええ。

確かになかなかできない体験ですが、ほんほんさんには負けます。何やって止めたんですか?ドアに挟まれて!?
2008/11/16(日) 23:48:12 | URL | owd #- [Edit
はい。
池袋では、ホームと電車の隙間にスッポリ落ちました。

駒込(南北線)では、ホームに設置してある落下防止の為のドアに両側から挟まれ、
挟まれた衝撃で横向きになった体をずらし、やっとの思いで電車に足を踏み入れた瞬間
電車のドアが閉まり顔を挟まれました。鼻が折れなかったのが不思議です。

車輪は大きかったです←池袋の感想。
とっても痛かったです←駒込の感想。


2008/11/17(月) 19:13:09 | URL | ほんほん #/Cz.aUn6 [Edit
No title
えーーーっ!危なすぎる!
落下防止のがあってもそういう事故が起こりうるんですね。さすがほんほんさん。尊敬ですなあ(違
2008/11/19(水) 16:33:47 | URL | owd #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。