スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際参政権と納税

2008.10.06 *Mon
国内にいる外国人にも参政権を、という話ではない。今や他国の経済や政策が自国の暮らしに直接影響を及ぼす時代だ。アメリカの大統領選挙に日本人やEUの人やイスラム圏の人々が参加できないというのはおかしい。丹念に利害関係のリンクをたどっていけば、自分がどの程度アメリカの政策から影響を受けるかはかなり計算可能なのでは。相関関係の重みつきグラフを作って、最大流問題を解けばいいのだ。その流量に比例した参政権が与えればよい。ただ、それに応じた納税義務も発生する。その人の立場によって、関係の深さも違うだろう。だから人によって権利の重さも税金の量も違う。

というネタを思いついたんですがどうでしょうか。

参考:
Wikipedia Entry
外国人参政権がなぜいけないか

他にも関係サイトあったら教えてください。
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

COMMENT

No title
ちなみに。

この三年ほど、日本と外国を行き来しています。有事のことを考えて、現地の日本領事館に在留届は出していますが、在留届を出しても簡単には選挙に参加できるとは限りません。
選挙の三ヶ月前には在留届が出ていること、また海外でも投票できるように別の申請をします。
というわけで、なかなか大変です。

在留届を出していると、何か事故があった時に、優先的に探してくれるそうです。
出してないと、探してくれないことはないらしいですが、後回しとか、わからなくなるうやむやになったりするそうです・・・。
2008/10/07(火) 11:12:51 | URL | つり #iEaX57To [Edit
No title
なるほどー。観光でならともかく、実際に住むとなるといろいろな事が起こりそうですもんね…まだまだ国を跨ぐのは敷居が高いですね。
個人的には、まあ日本は海で囲まれているので国家というのに一定の意味があると思うのですが、地続きでいろんな国につながっている所では、国の帰属なんてそんなに絶対的に重要ではないと思うので、国籍を複数持つ代わりにそれぞれの割合が0.8とか0.2とかに変化させるほうが自然なのではと思ったりもしてます。
2008/10/16(木) 00:52:15 | URL | owd #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。