スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト期間

2008.07.31 *Thu
実は私は、現在放送大学の学生で、今週は期末のテスト期間なのである。今日も幾つかテストがあり、幕張にある放送大学のキャンパスに行って受けてきた。なんだかこういうのとても久しぶりだ。

4月の時点では歴史学をやろうと思っていたので今回はそういう系がメインとなっている(2学期からは違うことを勉強しようと思っているが)。歴史といえば私が高校まで最も苦手にしていた科目であり、最悪の時には日本史と世界史、合計200点満点のところを37点しか取れなかったという記録まである。そのときには担任から親宛に手紙まで来た。ある意味私の武勇伝だ。

試験はマークシートだったり持ち込み可だったりしてそんなに難しくないのだが、ヨーロッパ中世の歴史だけはマークシートではあったが持ち込みも不可だし、内容も(年齢のせいもあり)全然覚えていないので皆目わからず。奇しくも昔の自分を悪い意味で追体験できる結果となった。

放送大学の(面接でない普通の)授業では、テレビあるいはラジオを視聴することが授業なのだが、やっぱり先生によって内容の選び方や組み立て方は様々だ。学生のくせして先生についてあれこれ言うのは失礼でもあるのだが、中にはひたすら教科書をそのまま読むだけ(しかも省略しながら)なんていう先生もいるので、そういうのはどうしたってモチベーションが下がる。ヨーロッパ中世の歴史はそれほどではないが、情報が非常に多い割にどこがポイントで、どこが単なる余談なのかがわからず(もしかして全部重要?)、読み方も少し一本調子だったのでちょっとつらかった。いや、ヨーロッパ中世そのものがそんなにエキサイティングな時代じゃないのかもしれないが…
中央アジアの歴史も、教科書を読むのが苦痛だった。

一方、その他ヨーロッパ古代(メソポタミア~ローマ帝国が滅びるまで)、ヨーロッパ近代、アメリカ、日本近世などとても面白かった。放送大学の講師陣は基本的にはかなりいい先生が集まっており(東大の先生も多い)、中には学習院の学長先生までいたりする(ちなみに、この福井先生、ものすごくわかりやすかったです。でも試験はマークシートだったけど難しかった!)。今まで世界史の知識など実質的に0だったのが、とりあえず0ではなくなった。とはいえこれからすごい勢いで忘れると思うが…

ちなみに、テストで一番困ったのは記述式テストで漢字が書けなくなっていたことだった。パソコンで仕事をしている人はみんなそうだと思うが、簡単な漢字も書けなくなっている。これにはこまりました。今日は「ハンニバル率いるカルタゴ軍」の「率いる」が何度書いても「卒いる」になってしまい、結局あきらめてひらがなで書いてしまうという醜態をさらした。こればっかりはねえ。

実は音楽も二科目ほどとってみたんだけど、中途半端だったな。
とりあえず中世ヨーロッパが今のままじゃあまずいので、EU2でも買って遊んでみようかな←ゲームがやりたいだけ?
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

COMMENT

No title
社会に出て働きだしてからの勉強って、実は切羽詰っているという自覚があるので、結構身に付いてるような気がします。
私は、3年前までこんなことになるとは思いも寄りませんでしたが、今の私は、理解不能な言語だった中にいます。
いろいろ忙しいけど、なんとかやってみるっていうのは大事だと思いました。
頑張りましょうね~、私も頑張ります。
ちなみに、私の高校時代の歴史(世界史・日本史)ともに、ぃ兄に負けず劣らずすさまじいものでした・・・。
2008/08/02(土) 11:19:54 | URL | つり #- [Edit
No title
>社会に出て働きだしてからの勉強って、実は切羽詰っているという自覚があるので、結構身に付いてるような気がします。

うーんなるほど。なんだか私は記憶力が悪くなった事を嘆いてばかりでしたが、確かにモチベーションは昔とは全然違いますね。昔は100%強制的にやらされていたけど、今は100%自分の意思でやっているわけだから、やはり本気度が昔とは違います!(といっても昔よりは本気なだけで、今の勉強も仕事と家族の次くらいの位置づけですけどね。

>私は、3年前までこんなことになるとは思いも寄りませんでしたが、今の私は、理解不能な言語だった中にいます。

なんだかずいぶん文化、というか習慣の違うところにおられるようで。苦労が絶えないことでしょう。
今はだいぶいろいろ厳しくなっているようですね。あんまりX線を浴びてお体を悪くしないといいですが。

>いろいろ忙しいけど、なんとかやってみるっていうのは大事だと思いました。
>頑張りましょうね~、私も頑張ります。

そうですね!元気づけられます。まあ私の勉強は今のところ半分趣味みたいなものにしかなってませんけど...

>ちなみに、私の高校時代の歴史(世界史・日本史)ともに、ぃ兄に負けず劣らずすさまじいものでした・・・。

おおお、なんか親近感。私だけじゃないんですね。
歴史ってすごく教える人の力量によると思うんですよね。歴史の大きな文脈とか、現代とのかかわりとか、人間くささとか、自分なりの歴史観とかを上手に表現できる人でないと、すぐに年号暗記になってしまうのでつまらないです。また情報量が多いですしね。
2008/08/03(日) 08:43:40 | URL | owd #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。