This Archive : 2009年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この歳で卒論

2009.10.23 *Fri
来年4月から放送大学で政治学の卒論を書くことになった。正確には担当教官の審査を経て、まあ書いてもいいだろうという仮決定をもらった段階で、じゃあ本当にお願いします葉書を送ると、来年の1月頃に本決定するらしい。つまり、まだ最終決定ではない。

放送大学で政治学を専攻していると自慢しているが、実のところ、単位もとったり落としたりいろいろで、お世辞にも優等生とは言えない。実際、知り合いに政治の話を聞かれてもあんまり知らない。いつもテスト前に焦って勉強してなんとか...という状態である。しかも来年は本業もかなり忙しそう。大丈夫だろうか。実際、卒論用にWikiを立ち上げたのだが、更新が2~3ヶ月くらい滞っている。

...と思う反面、まあゼロではない力を投入してきた学習のプロセスが、次の段階に進むことはうれしくもある。あまり濃厚にではないにしてもその世界のプロのじきじきの教えをいただきながら学習できるわけだから、とてもありがたいことだ。

ちなみに先生は中東政治の専門家で、日本人として唯一サダム・フセインにインタビューした方だそうだ。NHKの「きょうの世界」にも出演されることがあるとか。授業でもダントツに面白い先生だった。ちなみに、こちらの先生の政治哲学の授業も非常に面白かった。実は放送大学の教授陣は何でか知らないが非常に充実しているのである。これは私の直観だけでなく、いろんな人が言っていることだ。有名大学の教官と掛け持ちしている方が多いせいかもしれない。

私のトピックは、現時点ではインターネットと政治(主に地域共同体)の関係を政体を横断しつつ調べて、何か普遍的な性質がないか考えたいと思っているが、なにせ知識が全然ない中で提案したトピックなので変更を迫られるかもしれない。なんか形になればいいのだが。




関係ないけど、仕事がすごくたまってきている...やり切れるのだろうか。ブログなど書いている場合か?
しかしもう眠い...
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

11/7 α-Music

2009.10.18 *Sun
演奏会の宣伝です。来る11/7(土)14:00からいちかわ西洋館倶楽部でα-Musicの(定期)演奏会があります。一言で言うと、アマチュアの室内楽発表会です。私はサン=サーンスのバイオリンコンチェルト三番一楽章をドラさんと一緒にやります。あと、コーラスグループのPojacの合いの手をちょこちょこ入れる役もあります。

小ぢんまりしたいい会場で、車でも電車でもまあアクセスいいのでぜひお越しください。

ちなみに、会場があふれそうなので全予約制ということにしています。お越しの方はどうか私までご連絡を。

0911alpha.jpg

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

急に練習しすぎ

2009.10.17 *Sat
です。明らかに。バカです。

11/7のα-Music本番に向けて先週くらいから練習始めたんだけど、幸か不幸かやってみたら諦め入るほど下手ではなかったために、もっといけるんじゃないかと往生際悪くさらい続けることとなった。なんだか二、三日くらい前から左手人差し指のつめと指の間が痛いと思っていたのだが、今日朝二時間ほど練習した上に、今風呂上りにも練習していたところ、人差し指も悪化したのみならず、中指まで微妙につめがはがれたような状態になってしまい、練習続行不可になった。見てみると、爪と指の間に真皮が見えて赤くなっているところがある。実はもう誰かに練習を止めてほしいと思ってたくらいなので、ある意味助かったような感じもある。

三時間やそこらで練習できなくなるというのは年齢やブランクを感じないわけではないが、まあこの怪我自体は昔から練習しすぎるとよくなっていたようなことで、二、三日放っておけば治る程度のことなので全然深刻ではないけど、ずーっとほったらかしにしていたくせにやりだしたらやりすぎて速やかに怪我をするという自分に苦笑しか出てこない。OL千葉生活さんのように武勇伝にできるほどの派手さというか愛嬌もない地味な怪我であった。

で、私にとってはそんなよくある怪我なのだが、こんな調子では年寄りになってから弾けなくなると思いなるべく力を入れすぎないように注意して(特に難しいところ)弾いていたところ、この怪我をするのは難しいところではなく、むしろゆっくりの旋律を聴かせるようなところ、それと、音を左手でとるときに指板をひっぱたきすぎるせいだと判明。

そうかー、聴かせるようなところはいつも興奮しすぎて指強く押さえちゃうもんなー。
ある程度は仕方ない気がしたのであった。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

アキバ

2009.10.15 *Thu
久々に行ってじゃんがらを食ってきた。うまかったけど、麺の量が、全員が替え玉を必要とするくらいしか入れてないのがいつもちょっと気にかかる。

勿論こんなまっ昼間からアキバに行ったのは麺を食うためではなく、ラブプラスを買うためでもなく、ましてお気に入りのメイドに会うためでもなく、今やっている仕事で必要なグラフィックカードを中古で買うため。

5000円以内と決めてソフマップに行ったところ、その安さに驚愕。結局GeForce8600GTの256MBというのを5000円(-10円)で買いましたよ。ほくほく。つないでみたところ、すこぶる好調に動いとります。あまりの安さに、隣に来てたサラリーマン風(俺も十分サラリーマン風だが)のおっさんも「安ッ!」と思わず声に出してた。

GeForce8000代といえば俺の中では今もって超爆速GPUなのだが、もう5000円切りとは。GPU屋じゃなくてよかった。死ぬほどがんばって作ったGPUが、かくも短時間で価格崩壊するなんてやり甲斐がない(こんな素晴らしいものは、死ぬほどがんばらないで作るなんて不可能だ)。その壮絶さを無視してスピードの対数をとって直線をひき「The Singularity is Near」などと偉そうにぶっている人々とは本質的に格が違うし、それだけにここまで世代交代が速いことへの、彼らが受けているであろう衝撃も全く測り知れない。

石井先生のPingPongPlusみたいのをやろうと思い、ついでに秋月に寄って、コンデンサーマイクを買ってきた。4個入り100円のと、アンプ付き二個300円(x2)を買ってみた。アンプ付きマイクって便利そうだ。

問題は、16MHzやそこらのマイコンのA/Dコンバータで、ちゃんと音のタイミングのずれを測れるかだな。いや、CPUの速度よりもA/Dコンバータの性能が問題だな。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

同人ゲーム

2009.10.14 *Wed
萌え木にしゃべらせるために今だに人工無脳まわりでうじうじやっている。学習データとして喰わせるためのデータとして、出回っているAVGのスクリプトを使うことを考えてみた。チャットログよりも噛みあった応答が多く、また、データのフォーマットも安定している。表示エリアの制限があるので、文章の長さもあまり長くならない。AVG自体はvectorにいくらでもあるし、データ吸い出しツールも非常に簡単に手に入る。

そこで、いくつか吸い出してみたのだが、まずもってデータの量に驚いた。いかにもくだらなそうなゲームでも、全体としてゲームとして成立させるのに必要なリスースの量は半端ではない。飽きっぽい俺にはこういうことは絶対できない。それに、チームを組まないととてもやってられないだろう。それに、同人の場合は締め切りがないので、ちゃんと完成させてvectorにアップロードまでする甲斐性を考えるとそれは素晴らしいことです!(泣

ということで、ゲームが作れる人に対する尊敬が高まりました!
で、データは拝みながら拝借させて頂きますッ!

#人工無脳の発言は、著作権侵害に関してはかなりのグレーゾーン。テキストというものは誰かが生成した時点で著作権が発生しており、それをコピーして自分の言葉としてしゃべるのはパクり以外の何ものでもない。その一方、我々の言葉だって、誰かから教わらなければしゃべれないと考えると、人の書いた言葉を覚えてしゃべる人工無脳はそれをなぞっているだけであり、著作権を侵害しているとは(あるいは、人工無脳「だけ」が著作権を侵害しているとは)言い難いものがある。ということで、私の中での基準としては、データ内の文章をそのまま使うのはダメだが、名詞節を入れ換えたり、文を組み合わせたりして原形がわからないくらいいじればOK。あくまでこれは私が勝手に決めた基準なので、これを守ったからといって訴えられないことを保障するものではありません。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

日本語構文解析

2009.10.13 *Tue
日本語の文章を形態素解析ができただけで喜んでいたのだが、どうやら構文解析までできるらしい。
Juman+KNPと、MeCab+CaboChaというのが双璧らしい。両方試してみたところ、どちらも機能的には似たようなもののような気がした。

短い文ならかなり賢い。

昨日家に──┐     
帰ってみたら、──┐ 
家が──┤ 
燃えてましたよ。

うーん、すばらしい。これ使って人工無脳を鍛えればかなりいい結果が出そう。
そこで、姉ヶ崎寧々のセリフをいれてみた。

そうそう、──┐ 
この前の──┐   │ 
カツサンド──┐   │   │ 
買ってきた──┤   │ 
子、──┤ 
何でもないからね。

─┤ 
気に──┐       │ 
なる?──┐   │ 
ふふ。

─PARA

おおっ!完璧じゃないですか!調子に乗って、思いっきり口語を入れてみた。

論文──┐     
通れば──┐ 
それで──┐   │ 
いいんじゃ──┤ 
ね的な?

だいたい合ってるけど、最後が「ね的な?」になりました(笑

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

萎え

2009.10.12 *Mon
萌えを勉強しようと思って、というか、思い出そうと思って姉ヶ崎寧々をフォローしていたら「私、新大陸の全裸女王になる!」と言われて萎えました。
所詮書いているのは男でしょうから。はい。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

久々に練習 その2

2009.10.11 *Sun
昨日に引き続き、妻子の外出の隙を狙って実家でバイオリンの練習をしてみた(ごめん>妻子
ミュートを外して30分ほどだがやっぱりフルパワーだと問題山積。

1. 高いほうの音程が高めに行く
 私は音が馬鹿でかいので、聴力が狂っているだけだと思われる。そういえばF原先生に音程が悪いといわれて驚愕したのもマンション暮らしをはじめてからでした。サイレントで練習をしたりして。確かあのときは、音があがるときは正しいけど下がるときに下がりきってないと言われたんだった。なんかそう言われると音量の問題じゃない気もするが、きっといつもフルパワーでひいてれば治るに違いない(知らんけど

2. ポジションチェンジで失敗しやすい
 これがまあ不思議なんだが、特に登りで登りきれないことが多い気がする。なんでだろ。きっと爆音すぎて指も影響されて強く押しすぎていると分析している。あとは指を動かすときの音が聞こえちゃってるから影響を受けているだけ?ま、これもきっといつもこれで弾いてれば治るだろう(知らんけど

3.音が美しくない
私は七色の音というわけではないにせよ音色には多少自信があったんだけど、どうも今はガシガシと汚い音で弾いている気がする。これは理由が明らかで、やっぱり繊細なバイオリンで音色を作るには、普段から生楽器を弾いてないとダメなんです。ということで、いつもフルパワーで弾いてれば治るに違いない(知らんけど

結論としては、防音室が来るのが楽しみっす。特にどれくらい響くかが気になる...
指がいたい...
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

久々に練習

2009.10.10 *Sat
妻子が外出した隙を狙ってひさびさにバイオリンを練習してみた。α-Musicまであと一ヶ月。
指が痛い。首が痛い。やっぱ練習なんてするもんじゃないすね(嘘

まだミュート付きで練習。防音室で練習できる日まで二週間を切りました

数えてみたら、マンション暮らしでまともに練習できなくなってからはや4年もの歳月が経っていた。その間それでも平気だったのが不思議な気もするが、なんやかんやでバイオリンどころではないことが多い4年間でもあった。
その間本当にいろいろあった。ロクに練習できる環境がないのに思いっきり背伸びをしてコンサートやらしてもらったりとか、会社に楽器持ってって、みんなが出勤する前に練習してみたりとか。反動で全然やらなくなったりとか。

でも練習するのって、やっぱ目標がないとできないよね。子供みたいな夢がないと。やったるわな気分じゃないと。

生音で弾いてない時は自分の音程もよくわからないので、うまく弾けたような気がする。気のせいかもしれないけど、ブランクがあると基本的には技術は劣化するけど、その一方以前天井につっかかってたところが、全然違う指の動かしかたで弾けるようになってたりして(気分だけかもしれないが)
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

やっぱブログに

2009.10.09 *Fri
twitterは一行でいいというところはいいのだが、くだらないことを書くと迷惑になるので気楽に書けなくなった。 やっぱりメインはブログにしよう。ブログはよほど興味を持ってくれている人しかこないと思うので。それはそれで責任重大でもあるが。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

JavaCCでunicode

2009.10.06 *Tue
萌え木を定義する論理型言語(萌え木以外にも使えることを意図)を作ろうと思ってJavaCCを使っている。flex/bisonを使わなかったのはunicodeを使うのが大変そうだったから。論理型言語というのは時代に逆行していて個人的にはイケていると思っている。

JavaCCにはUNICODE_INPUTというオプションがあって、これをtrueにするだけでunicodeが使える。ちょっと失敗があったのでメモ :

トークンを多バイト文字にすることはできるが、エスケープしないで文字を直に書く場合、ソースファイル(.jjファイル)のエンコードはunicodeではなくsjisでないといけない(Windowsだけ?)。

恐らくこれは基本的にはJavaCCではなくJavaの問題だと思われる。JavaのいうUnicodeってutf16なんですね。

ちなみにJavaCCはLL文法しか扱えないらしい。yacc/bisonなどのLALR文法より扱えるクラスは小さいが、うまく変換すればほとんどのプログラミング言語はLLで表現できるとのこと。なんか、ANTLR使った方がよかった気がしてきた。もう面倒なのでJavaCCでとりあえずやってみるつもりだが。

構文解析って学生時代に勉強した記憶があるけど、今アルゴリズムを見ても全然思い出せない。今思えばあの頃やった事って結構大事な事が多かった。でも当時は必要性が理解できなかったのでまじめに勉強しなかったのがちょっと後悔。それ以外にもグラフ理論も今になってすごく大事な気がしているし(しかも良書があまりない!昔の教科書をとっといてよかった...)。

極めつけは型推論だ。あれは本当にキツかった。落第寸前だったが先生に懇願して許してもらったんだった。あれは今だにあまり有用性がわからなかったりする。MLのよさを理解するには必要?
で、ML関係でぐぐると、学生時代のクラスメートがガンガンに活躍しているのがわかったりしてちょっと嬉しいw
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 実装

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。