This Archive : 2009年02月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヌケ過ぎる今年の大河ドラマ

2009.02.24 *Tue
一回目を除いて、どうも嘘臭くスッキリしない感の今年のNHK大河ドラマ「天地人」だが、もうちょっとで「もう観てられない閾値」を超えつつある。演出がかっこよくないし(お笑いで言えばスベっている状態)、セリフにリアリティがない。言うまでもなく、小説やドラマや映画の完成度は、全体のストーリーよりも細部の作りこみや人々の行動の一貫性、納得度が握っているのだが(小説とは小さな本当を積み重ねて大きな嘘をつくことだ、とはよく言ったものである)、人々のセリフや行動にいちいち納得がいかない。妙に軽い上杉謙信、迫力がなくてお笑いの悪役みたいな織田信長、いじめられっ子みたいな主人公の主君。ストーリー上納得がいかないところといえば、主人公は味方に向かって刀を抜いたのに、謹慎で済んでしまうところや(時代を考えれば打ち首かせいぜい切腹くらいが適当なんじゃないだろうか)、信長が主人公を殺せと命じているのに秀吉が逃がしてあげるところ(これをやったら秀吉が殺されると思うのだが)、信長の忍びがやたらペラペラ何でもしゃべる事(本当に忍びか?)、謹慎を解かれて城に戻ると、同僚がやたら有頂天になったり(いくらなんでも喜びすぎ)、家臣が主君をからかう(身分制度はないのだろうか...)など、枚挙に暇がない。とても命を賭けて戦うお侍さんの話とは思えない。こういう細かな破綻が増えてくると、全体のドラマの説得力がどんどんなくなっていく。

しかし何といっても演出がマヌケだ。ストーリーの途中で、大事なシーンになると急にスポットが当たってステージの上みたいになるのが最高に変だ。ずっと見ているうちに納得いくようなもんかと思ったけど、何度見てもマヌケだ。画像処理を使ってストーリーを短く説明するような演出も、なんかバグったような質感で見てられなかったし、極めつけは、先週末、北斗の七星の話(主人公は北斗七星のもとに生まれたことになっている)をした直後に星空が映し出されるのだが、これがなんと南斗六星なのである。隣にははっきりとサソリ座がっ。ここは北斗七星を出さにゃあいかんだろ!制作サイドは誰も気付かなかったのだろうか。これは言ってみればケンシロウとレイを間違えるようなものだ。あり得ない。あり得なさすぎるぞ。

どれだけ予算を使っているのかわからないけど(オープニングの曲以外は)あまりに安っぽすぎる。駄作マンガをドラマ化したみたいだ。

朝ドラのだんだんの方がずっとリアルだし面白い。細部に納得がいく。全体のストーリーが予測できそうでできない。今年の朝ドラ、主人公が新人じゃないけど、そのまわりにいる人々が新人が多いみたい。演技がうまいとは全然思わないんだけど、一流の役者を集めた大河ドラマよりも面白い。脚本がいいんだなきっと。

大河が面白くなきゃしょうがないだろと思いつつ、とりあえず朝ドラが面白ければ朝は起きられるので実害はないのだが。

宮本武蔵よりはまだましかも。あれは最悪だった。また三谷幸喜脚本で大河やってくれないかなぁ。
スポンサーサイト
COMMENT : 3
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

Organ and Augmented Reality

2009.02.20 *Fri
これいい!
必ずしも鳴っているパイプに投影しているというわけではなさそう。グライコかな。



いつかピアノとバイオリンでやってみたい。
この路線のインスタレーションは結構ありそうだけど。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

大島ミチル

2009.02.16 *Mon


天地人のオープニング曲があまりに素晴らしいので作曲の大島ミチルさんてどんな人なんだろうと思ってちょっとぐぐってみたら、この方綺麗な女性だったのね...

曲から全然想像つかなかったです。はい。

天地人のストーリーの方は、一回目を除いてどうもピリッとしない感があるけど、毎回観てるんで今後の展開に期待したいっす。
COMMENT : 13
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

機関車だったのか

2009.02.11 *Wed
忙しかったり、いろんなことに衝撃を受けたりしてたので更新&レスしてなくてすみません(爆)

ところで私の家は蘇我駅の至近にある。ここ数日やたら汽笛が聞こえるなあと思っていたら、機関車の試運転だったらしい。外を見たら、もくもくと煙が上がっていた。

私はマニアではないけど、こりゃあ一目くらいは見なきゃあ。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。