This Archive : 2008年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドック受診可能

2008.10.31 *Fri
会社から人間ドック受けませんかメールが来た。男なら受けなければならない(?)とは思うんだけど、ネットでバリウムのつらさを読んで二の足をふんでます。あああ...どうしよ...
スポンサーサイト
COMMENT : 3
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

144円もうかった (ありがとうございます)

2008.10.27 *Mon
アマゾンのアフィリエイト収入である。このHP以外ではやっていないので、ここ経由でアマゾンで買い物をしてくださった方がいるということなのだ。どなたかわかりませんがありがとうございます。

私なんかは性格がひねくれているので、どこぞのブログに面白そうなアフィリエイト広告をみつけたりしたら、わざわざその広告リンクを迂回して直接行ったりすることもあるが(効き目があるのかはわからんが)、ちゃんとうち経由で行ってくださるとは感動でやんす。モチベーションあがるなあ
#1500円に到達しないと、実際に手元には来ないけど... ^^;

これからはどこかでアフィリエイト広告をみつけたら、素直にそのままショップに行くとしよう。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

政治学入門:政治の正当性?-自由主義とは何か

2008.10.24 *Fri
"Liberalism"を著したロンドン大学のPaul Kellyによれば、現代政治学の3つの課題とは:
1. グローバリゼーション
これまでの政治論では国家を前提として議論を展開していたが、近年の経済のボーダレス化は国家による統制を難しくする
2. 環境問題
環境の悪化がほんとうだとするなら(Kelly氏はそう思っていないそうだが)、そこから全ての国家が影響を受け、ものの価値観に大きなパラダイムシフトが起こる
3. テロとの戦い
テロそのものが脅威なのではなく、テロがはびこることにより、人々の関心が自由から安全保障へと移り、政治が全体主義へと移行してしまう可能性が脅威。


しかし内容もさることながら、一問一答のインタビューですっごく理路整然と話せることに感動。
茂木さんのインタビューを見た時のような感動もあった。ああいう話し方ができる人はインパクトあるね。それで内容もよかったら無敵。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

また落ちこみ

2008.10.23 *Thu
今日は自分のやることが決められず、集中力も欠き、結果も何も出なくて散々だった。
明日は全然違うことをやるつもり。

http://www.freakingnews.com/Picasso-Celebrities-Pictures--1938.asp
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

キモロボット

2008.10.23 *Thu
ちょっと長いけどビデオ:




ところで、なんでこんな短時間でバイオリンを再開したのかという話を一応しておくと、人間関係を維持するため、が理由のほとんどです。人生そんなものdeath.
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

A-Music再開します

2008.10.21 *Tue
結婚やら転居やら出産などでしばらくほったらかしまくりのA-Musicでしたが、今度再開します。3月に次回やります。今度からはコンセプトを変えて、かなり気楽な会にしようと思ってます。
COMMENT : 3
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 音楽関連

ダリパワー

2008.10.20 *Mon
また不可能物体系なシーンを描くソフトを数ヶ月にわたり作っているが、先週いくつかの場所で偉い人(とそのメイツ)に見せたところびっくりするほど反応が悪くへこんでいて、今日になっても自分の方向性に自信が持てなくなってやる気を喪失していたが、ふと思いたってダリの作品を見ていたらやる気が戻ってきた。ありがとうダリ。もういいやCGの研究なんて。学術論文にならなくてもいいから好きなものを作らせて頂きます。CGって本来そういうものでしょう。ソフト名は尊敬するDaliとEscherをまぜてdalischerとでもしとこうか(笑
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : CG研究

子供の成長が早過ぎる

2008.10.20 *Mon
今年の1/11生まれだが、もう自力で立ってしまったらしい。
赤ちゃんとしては標準的なのかも知れんが、俺(34歳)の成長の遅さと比べると愕然...
未来は君のものだ。

20-10-08_1230.jpg
COMMENT : 5
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

放送大学@国分寺

2008.10.20 *Mon
先週末は二連チャンで放送大学の面接授業(放送大学ってテレビやラジオを聴くだけだと思われているけど、実際に教室で先生と顔をつき合わせてやる講義もあるのです)だった。話題はパレスチナ問題。あまり政治学っぽい話題ではなかったけど、あそこらへんの国々の複雑な様子が伺えて有意義だった。最後は小グループに分かれてディスカッション。これまた楽しかった。ただし館内エレベーターはシンドラー社製。(-.-;

妻と子供は風邪でダウン。私も一日軽くうつったような気がしたけどすぐ治ってしまった。新婚なのにつらい妻子を差し置いて一人ちゃらちゃら授業を受けていたわけだ。これが今後どのように報復を受けるか、我が家の中東戦争(謎)である。
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

暦本氏の「一票の格差を原理的に消滅させる方法」について

2008.10.16 *Thu
先週は会社の合宿でてんぱっていて、かつ週末も家族サービスや遊ぶのにてんぱっていたのでほったらかしですみませんでした。

暦本氏が「一票の格差を原理的に消滅させる方法」というアイデアを提案されていたので、それに対するコメントを書いてみたい。

ネット時代の今、Web2.0的な改革のメスを入れねばならない最後の砦が政治だと思っている私はこういった意見はどんどん出さなきゃあいけないと思っているし、実際すばらしい考えだと思う。
小数点を使うほど厳密ではないが、EU理事会で使われている特定多数決方式が似ているような気がした。

ただ、EU理事会でも議決にはいろいろな方式を使い分けているようだし、アメリカ議会でも人口比に基づいた議会と各州を平等に扱った議会とが共存しているようなので、完璧にきっちり重み付けをすることの意義を十分みんなに納得させる必要はあるのではと思う。現行の、人口が少ない選挙区の重みが重くなるという傾向は、EU理事会での、人口の少ない国を優遇するというのを自然に実現しているし、アメリカ方式の両議会のちょうど中間に位置しているとも言えると思う。とはいえ一票の格差は違憲判決が出るようなことなので、憲法を変えるか、格差をなくすか、どちらかにしなければいけない問題ではある。

個人的には格差の問題は比例代表によって緩和されているし、Winner takes allの方が悪い度合いは高いような気がする…(Winner takes allで当選した人が、さらに議会でWinner takes all方式の議決をやると、母集団の最多意見が落選することもある)。…というか、結局この点に関しては小選挙区制が悪いのかも。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

国際参政権と納税

2008.10.06 *Mon
国内にいる外国人にも参政権を、という話ではない。今や他国の経済や政策が自国の暮らしに直接影響を及ぼす時代だ。アメリカの大統領選挙に日本人やEUの人やイスラム圏の人々が参加できないというのはおかしい。丹念に利害関係のリンクをたどっていけば、自分がどの程度アメリカの政策から影響を受けるかはかなり計算可能なのでは。相関関係の重みつきグラフを作って、最大流問題を解けばいいのだ。その流量に比例した参政権が与えればよい。ただ、それに応じた納税義務も発生する。その人の立場によって、関係の深さも違うだろう。だから人によって権利の重さも税金の量も違う。

というネタを思いついたんですがどうでしょうか。

参考:
Wikipedia Entry
外国人参政権がなぜいけないか

他にも関係サイトあったら教えてください。
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

だんだんがイケル

2008.10.06 *Mon
NHKの朝ドラが面白くないと仕事にならない。なぜなら起きるモチベーションが下がるからだ。前回の「瞳」は見れば見るほど嘘臭く、笑えもしないしつまらなかったのが、最近仕事が低迷していた原因だ。というのはほぼ冗談だが、とりあえず今週はじまった「だんだん」は笑えないけど面白い。これなら朝起きられそうでありがたいデス。今朝なんか7:30の回が観られた。

ちゅらさんにははまったなー。朝ドラだと笑えるのも大事だと思うけどな。「ちりとてちん」はそれなりに笑えたし面白かった。マナカナさん今後ともよろしくお願いします。
COMMENT : 5
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

教科書届く

2008.10.02 *Thu
10/1から放送大学の新学期で、教科書がどっさり届いた。この瞬間は楽しいっすね。読んでいるうちに面倒になってくるのだが...
歴史は面白かったけど専攻を変更して、今学期からは再スタートで政治学をやることにした。やってくと本当につまらなくなりそうだが。まあ趣味だよ趣味。つまらなくなったらまた戻るか、他のにする予定(弱
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。