This Archive : 2008年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴欧洲と朝青龍についての驚きの事実

2008.05.31 *Sat
レスありがとうございます>お二人
政治は利害関係が大きいからよさげな議論を聞いても「気にいった、じゃあちょっと実装してみよう」というSiggraph論文みたいなわけにはいかないですよね。たくさんの人を動かさないといけないし。だからといって議論が無意味だとは思いませんが、いいものが残るわけでもないし、難しいですね。でもこれに限らず今の政治にはネットのポテンシャルを生かすことにより修正可能な問題点がたくさんあることは事実だと思います。これからもいろいろネタ出ししましょう。
そこへ来るとmitaninさんのご紹介のサイトなどは現実的でいいですね。何か実現したかったら、こういう活動を地道に積み重ねていく必要がありそうです。

ところで最近歴史とか政治とかを某通信教育で勉強しているのですが、どうやらブルガリア人の先祖の一部はステップ遊牧民だそうです。モンゴル人もステップ遊牧民系なので、今相撲界で活躍している外国人は、みなステップ遊牧民起源だそうです!昔馬に乗って大陸を駆け回ってたんです!(笑

だから何って感じですが。ささやかな発見がうれしかったのよ~
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

重みつき投票

2008.05.29 *Thu
今の選挙の問題のひとつは、投票した結果が当選か落選かのどちらかしかないということだ。僅差で誰かが勝った場合、死票が大量に出る。そしてその後の政局は負けた方の気持ちは全然反映されないというものになる。それならどちらも当選にして、選挙での得票数に応じた権力を与えればいいじゃないかというのは自然な考えだ。誰でも議員になれると思えば、政治への関心も必然的に高くなる。とはいえ、立候補者を全て当選にしたら、いくら議決の時に小数点の権力が認められるといっても一人の人間を物理的に分割することはできないので、会議場が溢れてしまうだろう(議論をする時には、物理的に膝をつき合わせてするのは現段階では非常に意味があると思う)。しかもほとんどはパワーローに基いて、10票未満の権力しかない人とかになってしまうわけだ。それなら、会議場に入れる人と入れない人という点で選挙結果を分断すればよい。会議場に入れない議員は、ネット経由で会議に参加することとなり、必然的に存在感は薄れる。でも議長が許せば発言はでき、(政策に関する)投票も可能とするのはどうだろう。またはもっと階層的にし、会議場の前の方に座れる議員、後ろに座る議員、会議場には入れないけどネット参加での発言権と投票権はある議員、それにネット経由の投票権しかない議員、というように。(議員に払われる給料をどう振り分けるかという小さな問題はある)

参考:http://www4.airnet.ne.jp/domen/cbyc811.htm#_Toc91231458
他にも似た意見はたくさんあると思うので、見付けたら教えてください。

もう一つの問題は、大衆が政治に参加できるのは、たまーにある選挙で一票を投じることしかない、ということだ。これにより、「合理的無知」な人々が増えることになるし、「あの人に期待してたのに、こんなことをやるとはがっかりだ」という事になる。でもそう思っても、解散選挙にならない限りはその支持者の失望は政治に反映されない。基本的に選挙の争点というのはマスコミに作られるものでもあるし、この政党のこの提案は好きだが他の点に関しては他の政党の方が好きというような気持ちを反映する術がないのだ。そもそも選挙の争点というのは一般にはほんのちょっとしかないが、その人が任期中に決断しなければならないことというのは数百をくだらないだろう。それを最初の時点で一票に込めるのはどだい無理な話だ。

そこで、まず投票の時に、票を分割できるようにし、政策別に投票できるようにするのはどうだろう。投票する人は、関心のない項目は無視してもいい。政策別が難しければ少なくとも、立候補者別に重みを適用する。トータルで一票になればよい(もしくは、一票の格差がある場合は、その重みに応じた数値)。もちろん電子投票が前提になる。電子投票といっても、必ずしも家でネットでやることを意味しない。それはセキュリティ上いろいろ困難も多いし、デジタルデバイドなお年寄が嫌がると思うので、投票場で入力させるようにすればよいだろう。

http://www.rieti.go.jp/jp/columns/a01_0100.html

次に、選挙後も議員をトレースできるようにする。議員は常に選挙の時の支持者とつながっており、支持者と一体になって政局を運営する。以前NHKのクイズ番組で、回答者は数人の芸能人が担当し、その後ろにそれぞれサポーターが20人くらいづついて相談して答えを決め、しかも回答を司会者に提示する時に、サポーターの各人がこの回答を支持するか否かのパネルを提示し、当たった場合はその分だけスコアが加算されるというものをやっていた。こういう感じで、かつこれを政局に反映する時には棄権も許すようにしたらどうだろう。もちろんサポーターも、最初に投じた票の重みにより、自分自身が重みづけされることになる。

ただ、ネットを使えば簡単に投票できるからといって常に有権者全員に全権を託すというのは、衆愚制となる可能性があるので私は反対だ。やっぱりプロを信じて、プロに頼むというのが基本的にはいいと思うが、だからと言って、明らかに納得いかない方向につっ走られると困るので、一定の権力の差は認めつつもある程度ブレーキをかけられる、NHKクイズ方式がとてもよいと思うのだがどうだろう。(この番組、名前を忘れてしまったのが残念だ。山瀬まみが出ていたのだけは覚えているのだが…)

http://www.nagaitosiya.com/a/referendum.html

前にも書いたけど、今の政治は利益団体のためにやっているので、選挙で投票する大多数の人の意見は、次回の選挙で勝てさえすればいい程度にしか考慮されない。しかし時として実際に利害をこうむるのはその大多数の人なのだ。アメリカでのベトナム戦争や今の戦争だって、国民のほとんどの反対することが公然と行われて、しかもしばらく維持されてしまうし、日本の高齢者医療制度もそうだろう。

選挙のタイミングが常に政権に決められてしまうというのもいかがなものだろうか。有権者の8割が反対表明をしたら、その時点で政治家の意図にかかわらず強制的に選挙が行われるようにするべきではないだろうか。また、一度通った法案にしても同様で、基本的には立法・行政府に任せるけど、有権者の8割というような、ものすごい反対が起こったら、その時点で再審査すべきじゃないだろうか。高齢者の医療制度に関しては、小泉政権のお祭り騒ぎのドサクサで決まってしまったらしい(当時は認識してなかった)ので、こういうのに対するブレーキが必要だろう。私は全体としては小泉さん支持だけどね…
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

利益団体政治

2008.05.23 *Fri
911はデッチ上げ、というか陰謀だと信じる人は少なくない。 1 2 3
アメリカ人の1/3はそういう疑いを持っているという説もある。実際にWTCで親族が亡くなった人には耐え難い話だろう。私もいろいろ読んで洗脳されて、怪しい気がしてきた。なにしろアメリカは真珠湾だけでなく、トンキン湾事件やウォーターゲートなど、政府がとんでもない陰謀をしでかした過去があるのだ。ウォーターゲートでは、実は盗聴犯がケネディ暗殺にくみしていたという疑惑すらある。(デッチ上げなら日本もやったことあるけど)

ではなんでアメリカがこんなにアラブ介入をやるかといえば、これまたご存知の通り石油利権のせいだとか、ブッシュ(一族)はCIAのユダヤ人に操られているからとか諸説ある。いずれにしても国民のあずかり知らないところで何か大変な事が決められていることは間違いない。

政治家は一体誰のために政治をやっているのかといえば、実際には国民のためではなく、所謂「利益団体」のためである。日本では経団連とかその他大企業などになる。政治家は消費者(大衆)よりも生産者(企業)を優遇する傾向が一般に認められるそうな。その理由は消費者は基本的に単独で組織化されにくく、十分な情報を得たり利益を求めて行動するコストと、それに対して得られる利益を比較すると、得られる利益があまりに小さいので(一票差で政治が変わることは少ない)、結局何も知らないし行動もしないほうがよいという判断になるからである。これを「合理的無知」という。それに対し生産者(に限らず利益団体)は、政治家に組織票、政治資金、情報を提供する代わりに、利益誘導政策、金銭、情報を受けとるという構造ができあがっており、今では政府の側から特定の利益団体に働きかけを行って政策を決定するというしくみになってしまっているらしい。特にアメリカの場合は軍も大きな力をもち、この三者によって政治が牛耳られていることをパワー・エリートによる統治とも言う。

これを問題視する人も多いが、そういえば社会心理学でも、人間は事前知識が乏しかったり興味がないこと、わかりにくい事、自分の関与度が低いものに対しては情報を吟味せず、専門家の言うことや、他人の行動に流された判断をする(ヒューリスティック処理)傾向があるという事を言っている。ちなみに逆の状況で起こる反応をシステマティック処理と呼ぶ。

かくしてアメリカ政府は自国民を殺してでもアラブに介入するし、日本政府は法人税を減らして消費税を増やそうとするわけだ。なるほど。

以上断片的勉強メモ。間違いあったら教えてください。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

砂アート

2008.05.20 *Tue
こういうワザもあるんですね。感動しました。

COMMENT : 1
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

遊びすぎ

2008.05.20 *Tue
パリで楽しく遊んでいる間に仕事がたくさんたまってしまった。
ごめんなさい。今からやります。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

結構遊んでます@パリ

2008.05.18 *Sun
昨日はノートルダム寺院、サント・シャペル、ルーブル美術館、オランジュリー美術館、あとsiio先生おすすめのフラン・ブルジョワ通りなどに行ってみた。ノートルダム・サントシャペルまじですごかった(サントシャペルは一時間並んだけど…)。ルーブル異常に広かった。オランジュリーきれいだった。フラン・ブルジョワ通りは、確かに日本人の妄想の中のフランスの感じに近い。ただ、あまり時間がなかった上ににわか雨が降ってきてしまい十分楽しめなかったので、最終日の今日再挑戦しようかと。ピカソ美術館とダリ美術館にも行きたいっす。

masuiさんお薦めの音楽博物館は時間的に難しいかも…
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

ついに犬の糞を見つけました!

2008.05.16 *Fri
木の根元にありました。二つほどみつけました。探しているとなんだかわくわくします。木の根元に時々あるなんて、松茸狩りをしているみたいです!

ところでイタリア広場というところで、胸キュンなお姉様がたくさんいるステーキ屋をみつけました。
なんだかパリ生活がとても楽しくなってきました。アーン☆
COMMENT : 1
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

こんなところにもVista犠牲者が

2008.05.16 *Fri
Keynote Speakerのプレゼンがはじまるやいなや(二枚目のスライドで)ハングしました。「私はVista使っていますが」と言い訳して失笑を買っていました。まだ苦しんでおられます。

皆さんお薦めの場所、明日かあさってに行ってみようと思いまっす!
あ、再開しました。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

犬の糞を探しています

2008.05.15 *Thu
パリいいじゃないですか!建物きれい。めしうまい。アジア人少ない。ユーロ高い。
犬の糞を探しているのですが見付かりません。どこにあるのでしょうか。

凱旋門に行ってみた。中の様子はだいたい知っている。実はパリに来たことないが観光はしたことあるのだ。プレステ2で(鬼武者3)。これは新感覚というかなんとも不思議な感覚である。ゲームのCGがハイクオリティすぎて、本物に来てもゲームのシーンが蘇ってくるだけなのだあ。感動といえば、「おお!ゲームと同じだ!」という感じ。うおぉ。これでいいのか?
エッフェル塔も同じ。ノートルダム寺院も行くつもりだけど、きっとあんな感じだな。うんうん。

パリって、建物素晴らしいし、街の雰囲気も落ちついてて好きだけど、思ったより普通かな。日本人は宝塚のおかげか歌謡曲のせいかなんかわからないけど、かなりな先鋭化したイメージを持たされている気がする。パリの人ってみんなスタイルよくてオサレかと思いきや、街にいる人の体型や服装はアメリカと大して変わらんぞ。シャンゼリゼ通りも行ったけど、人は少ないし、なんか寂しい気もする(平日の午前中に行ったからかもしれないが)。セーヌ川も普通の川って感じだし。期待が大きすぎたかな。
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

パリ行き

2008.05.10 *Sat
来週から一週間ほどパリに行かないといけなくなりました。
元々あんまりモチベーション高くなかったんですが、まわりの人に、パリはスリや物乞いが多いとか、道に犬の糞がたくさん落ちているとか言われまくって行きたくなくなっています。何かいいところはないのでしょうか。
COMMENT : 4
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

今年のSiggraph Papers on the web

2008.05.08 *Thu
もうかなり出揃っているらしい。
http://kesen.huang.googlepages.com/sig2008.html

先日凹んだもろかぶり研究以外では自分の今のネタはなかったのでその点はまぁよかったか。

まだちゃんと見てないけど、気になったのはこれ:Multiscale Texture Synthesis

これ、昔々にVisualizationでかなり似たコンセプトのが出てたぞ…出てたから俺はやらなかったのに。
これも負け犬の遠吠えか。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : CG研究

トラックボールにはまる

2008.05.05 *Mon
仕事で使うKensingtonのトラックボールが送られてきた。いい機会だからと思ってこれだけで作業をしてみているが、これがとても軽快で気持ちいい。世の中にトラックボール派閥があるのは知っていたけど、かなり納得した。

まあ理由は当たり前のことで、まずマウスが動きまわる場所を確保しなくていい。また、手を動かす量が減るので楽だ。あと、このトラックボールにはスクロールに使うリングがついているのだが、これがすごく便利だし、マウスホイールのガリガリした感触より好きだ。あとボタンがなんだか押しやすい気がしたり、ボールが重くて動かしやすい(説明しにくいけど、かなりこだわって作っている感じがする)。

逆に欠点は、Firefoxの操作に使うマウスジェスチャがやりづらい。基本的に右ボタンを押しながらポインタを動かさなければいけないんだけど、今だと小指でボタンを押しながら他の指でジェスチャということになるので、ポインタを動かしている時にボタン指が外れてしまうことがある。

でもトータルでいえばマウスより使いたいかな。机にモノが乗りすぎててスペースないし。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 雑談

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。