This Category : 勉強

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindleに英辞郎5

2010.04.18 *Sun
最近勉強に洋書を読まないといけなくなり、小さくて本の購入も辞書引きも簡単にできるということで、Kindleをついに買ってしまった。自分の専門の論文なら読めるけど、一般書は難しい(謎)。
なお、XperiaとPSPとパソコンをすでにカバンに入れて持ち歩いているので、軟弱な私はでかいKindle DXではなく、小型の方(いわゆるKindle2)を買うことにした。(下図左の方。ちなみにKindle2という名前では売っていない)




で、これに英辞郎を入れようとしたのだが、Web上にいろいろ情報はあったものの、一箇所に全部の情報は載ってなかったので(あるいは、載っていても動かなくて他の情報とあわせないといけなかったりして)はまったので、一応ここに情報をまとめておく。基本的にはこのページに従った。問題が起こったのは、英辞郎が書籍の最新版(英辞郎第5版)で、漢字コードがunicodeだったため。
あらかじめ言っておくが、このページに従って作業を進めた結果、なにがしかの事故(Kindleが壊れたとか)が起こっても責任は取れません。

1.必要なソフト3つ(英辞郎、ActivePerlMobipocket Creator)をインストールしておく。

私が買った英辞郎5はこれ。より古い英辞郎の場合はエンコードが違うので、このページに従えば多分十分。



ちなみに、英辞郎mobi版というのもあるらしい。どうやって手に入れるのか知らないけど、これさえあれば一番面倒なところををすっ飛ばしていきなりステップ10に飛べる。

2.辞書ファイルを「1行テキスト形式」で取り出す。
英辞郎5(PDIC Unicode for EIJIRO V)を立ち上げて、File⇒辞書設定<詳細>で出るダイアログの使用辞書一覧で、「EIJI-118.dic」の上で右クリック、「辞書の変換」を選ぶ。出てくるダイアログの「変換先辞書」に好きなファイル名(例えばeijiro.txt)を入れ、「変換先ファイル形式」で「PDIC一行テキスト形式」を選び、「OK」を押す。するとeijiro.txtが出来上がる。

3.このファイルのエンコード形式をSJISに変換する。SJISでなくてもいいかもしれないが、とりあえずperlで素直に読める形式じゃないとダメ。私は手元にxyzzy(ここの「Emacs Likeな Editor. LISP interpreter 内蔵」からダウンロード可能)があったので、これでファイルを読み、ctrl-x,ctrl-k,fでコード変換モードにした上でsjis[enter]でsjisに変換し、ちょっとエディット(例えばspace, backspace)したのちにctrl-x,ctrl-sでセーブしてsjisに変換した。nkfなんかも使えるかもしれない。

4.次に、sjisにしたファイルサイズを小さくする。ここの「このスクリプト」のリンクをたどってダウンロードできるchujiro.LZHを展開して得られるeimin.plを、指定どおりに使えばよい。具体的には、コマンドプロンプトで次のように入力する。

perl eimin.pl eijiro.txt>chujiro.txt

なお、eijiro.txtのエンコードがよくないと、chujiro.txtのサイズが0になる。

5.作ったchujiro.txtはsjisなので、これを英辞郎で読ませるためにまた変換してBOM付きのutf16leにする。xyzzyならctrl-x,ctrl-k,f, utf16le-bom[enter]したのちに上書き保存である。

6.これを英辞郎で読み込む。File⇒辞書設定<詳細>で出るダイアログで、右側の「使用辞書一覧」の中で右クリック⇒既存辞書の追加、で出るファイル読み込みダイアログで、ファイルの種類を「テキスト(*.txt)」で、コード変換済みのchujiro.txtを読み込ませる。PDIC用の辞書じゃないから変換する?みたいな事を聞かれるので「はい」とする。次のダイアログでの「変換先辞書」の名前は適当でよい。変換中にたまに止まって質問ダイアログが出る(私の場合はバンドエードとかで--;)が、これは「以降自動処理」で問題なかった。

7.読み込んだchujiro.dicを、.csv形式にして出力する。これは、chujiro.dicをクリックしたのちに右クリック⇒辞書の変換、で、変換先辞書を「chujiro.csv」に、変換先ファイル形式を「csv形式」にして出力すればよい。

8.ここからは原則こちらのページに従う。eijiro117-15.csvはchujiro.csvに読み替える。具体的にはEijiro117-LinkedEntries.plとEijiro117.csv2html-v3.plを落とした上で、コマンドプロンプトで

perl Eijiro117-LinkedEntries.pl chujiro.csv UTF-16LE >linked.txt
perl Eijiro117.csv2html-v3.pl chujiro.csv Eijiro117-WIK:7-ITAI UTF-16LE > chujiro.html

とする。(二行目のEijiro117-WIK:7-ITAIというのは適当な文字列でもいいかも)

9.次に、最初にインストールしたMobipocket Creatorを立ち上げて、以下のようにする。

i) Add Fileから、chujiro.htmlを読み込む。
ii) Book setting から、Input languageをEnglish、Output languageをJapaneseにする。した後にページ下の方のUpdateボタンを押すのを忘れずに。
iii) MetadataでMain subjectをDictionariesにする。eBook TitleはChujiroに、Authorを適当に(例えばALCとか)しておく。再びページ下の方のUpdateボタンを押す。
iv) 右上の方のBuildボタンを押す。Compressionは No compressionでよい。EncryptionはNo encryptionにする。CompressionをHigh compressionにすると恐ろしく時間がかかる。(今やってるけど、ちゃんとできるか不安)

これでChujiro.prcができる。フー。ここまでできればあとは簡単。(ただしKindleが壊れるとすれば次のステップ)


10.Kindleでユニコードが表示できるようにする。
まず、Kindleのバージョンが古い場合は最新の2.3.3にする(うっかり2.3でやってしまったところうまくいったけど、お勧めしない)。アップデータはAmazonから落とせる

2.3.3になったら、ここの「新しいフォントはっく」にある「Kindle 2 (Global Wireless用) インストーラ」というリンクからファイルをダウンロードし、HPに書いてあるとおりにやればインストール完了。ここは簡単だけど、Kindleにとっては一番危険なところ。また、将来のアップデートを行うには、ここでやった変更をアンインストールしてからやらないといけないらしい(アンインストーラは、Kindle内の/hackに置かれる)なお、USBをKindleから抜く場合はいきなり抜かないで、ちゃんとUSBをストップしてからやらないとダメだそうだ。

11.Chujiro.prcをKindleのDocumentsフォルダに入れる。こうしておいてKindle側でHome→Menu→Settings→Menu→Change Primary Dictionaryで、Chujiroを選べば完了。ちゃんと単語にカーソルを合わせたときに和訳が出るかを確認。


...というわけで、結構面倒くさいのですよ。大変だったけど、喜びもひとしお。これからは洋書を読むのがちょっと楽になるはず。

なお、日本語のフォントはKindleの/fontsの下にあるSans.ttfとSerif.ttfを他のttfに置き換えてリブートすればすきなのが使えるらしい。ただしこのページの「フォントについて」にある注意を守ったほうがよさそう。うっかりttfじゃなくて、ttcにしちゃって大変になった人の報告がある。ああ怖い。怖いので私には変える勇気が出てない。
スポンサーサイト
COMMENT : 3
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

おすぎ (OSGi)

2010.02.02 *Tue
ユビキタス プロトコルでぐぐっていたら、OSGiというのが出てきた。Javaで動的プラグインを実現するシステムとも言えるような、ユビキタスな家電をつなぐ技術とも言えるような印象があるが、ユビキタス時代のプロトコルの本命と言ってもいいのだろうか。ちょっと気になってる。歴史もあるのに専門書は洋書ばかりなので若干敷居が高そうなんだけど、NTTとかめっちゃがんばってるみたい。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

アラビア語

2009.11.29 *Sun
放送大学でうっかりアラビア語を履修してしまったらこれが超難関で参っている。
でも12/2締め切りの宿題はなんとか先ほど終了。最後に点数には関係ないけど添削してもらえる問題、「自分の名前をアラビア語で書け」というのがあったので、なんとか文字の表と首ったけでつくってみた。

اُووَدَ شِغِرُ

アラビア語には母音が3つ(あ、い、う)しかないので、おおわだはうーわだになる。
上の文字だと、「うーわだ しぎる」と読めるようにしたつもり。

ただ、日本語をアラビア文字で書く場合は母音を伸ばすようにするのが普通だそうで、それに従うと

اُووَادَا شِيغِيرُو

となる...ような気がするけど自信ない。
しかしあれだな、右から書く言語をはじめてパソコンで入力したが、奇妙な感じ。
しかもアラビア語は活字でも英語の筆記体みたいに字と字がつながりまくりで、書いていくと前に書いた(書き終わった)文字の形がかわっていったりして面白い。

なんか単位とかは絶対取れないような気がするけどなぁ。
COMMENT : 4
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

この歳で卒論

2009.10.23 *Fri
来年4月から放送大学で政治学の卒論を書くことになった。正確には担当教官の審査を経て、まあ書いてもいいだろうという仮決定をもらった段階で、じゃあ本当にお願いします葉書を送ると、来年の1月頃に本決定するらしい。つまり、まだ最終決定ではない。

放送大学で政治学を専攻していると自慢しているが、実のところ、単位もとったり落としたりいろいろで、お世辞にも優等生とは言えない。実際、知り合いに政治の話を聞かれてもあんまり知らない。いつもテスト前に焦って勉強してなんとか...という状態である。しかも来年は本業もかなり忙しそう。大丈夫だろうか。実際、卒論用にWikiを立ち上げたのだが、更新が2~3ヶ月くらい滞っている。

...と思う反面、まあゼロではない力を投入してきた学習のプロセスが、次の段階に進むことはうれしくもある。あまり濃厚にではないにしてもその世界のプロのじきじきの教えをいただきながら学習できるわけだから、とてもありがたいことだ。

ちなみに先生は中東政治の専門家で、日本人として唯一サダム・フセインにインタビューした方だそうだ。NHKの「きょうの世界」にも出演されることがあるとか。授業でもダントツに面白い先生だった。ちなみに、こちらの先生の政治哲学の授業も非常に面白かった。実は放送大学の教授陣は何でか知らないが非常に充実しているのである。これは私の直観だけでなく、いろんな人が言っていることだ。有名大学の教官と掛け持ちしている方が多いせいかもしれない。

私のトピックは、現時点ではインターネットと政治(主に地域共同体)の関係を政体を横断しつつ調べて、何か普遍的な性質がないか考えたいと思っているが、なにせ知識が全然ない中で提案したトピックなので変更を迫られるかもしれない。なんか形になればいいのだが。




関係ないけど、仕事がすごくたまってきている...やり切れるのだろうか。ブログなど書いている場合か?
しかしもう眠い...
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

日本語構文解析

2009.10.13 *Tue
日本語の文章を形態素解析ができただけで喜んでいたのだが、どうやら構文解析までできるらしい。
Juman+KNPと、MeCab+CaboChaというのが双璧らしい。両方試してみたところ、どちらも機能的には似たようなもののような気がした。

短い文ならかなり賢い。

昨日家に──┐     
帰ってみたら、──┐ 
家が──┤ 
燃えてましたよ。

うーん、すばらしい。これ使って人工無脳を鍛えればかなりいい結果が出そう。
そこで、姉ヶ崎寧々のセリフをいれてみた。

そうそう、──┐ 
この前の──┐   │ 
カツサンド──┐   │   │ 
買ってきた──┤   │ 
子、──┤ 
何でもないからね。

─┤ 
気に──┐       │ 
なる?──┐   │ 
ふふ。

─PARA

おおっ!完璧じゃないですか!調子に乗って、思いっきり口語を入れてみた。

論文──┐     
通れば──┐ 
それで──┐   │ 
いいんじゃ──┤ 
ね的な?

だいたい合ってるけど、最後が「ね的な?」になりました(笑

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 勉強

プロフィール

大和田 茂

Author:大和田 茂


元IT系の研究家。現在はゲーム/玩具作家をめざしている。


Stud Hungering for Intense Gratification and Erotic, Rapturous Undulation


Get Your Sexy Name





Twitter Updates



    follow me on Twitter




    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    Copyright © 大和田茂ブログ All Rights Reserved.
    Images from ふるるか Designed by サリイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。